FXとバイナリーオプション投資家はドルの崩壊に備えよ

バイナリーはトレンドフォローが王道

バイナリーはトレンドフォローが王道

今回、事前課題としてお渡しした「バイナリーオプション攻略確認シート」の4〜9番の項目が、トレードルールと呼ばれるトレードの理由になりますので、この部分の理由づけを行っていきましょう。このトレードスタイル確認シートのなかに、「トレンドフォロー」という言葉が、何力所か登場しますが、ラダー王さんはトレンドフォローとは何だと思いますか?

 

ラダー王 「明らかにこれから一定期間同し方向に続く値動きに乗っていく」というトレードだと思います。バイナリー王 今の段階では、それがラダー王さんにとってのトレンドフォローです。今後、さらに、そのトレードイメージを利益が上がる明確なポイントに変更していきます。上昇トレンドにおいて、安値切り上げを待って、安定的に利益を上げたいので、Aのスイングトレードだと思います。バイナリー王 まずは、Aのスイングトレードをひとつのターゲット候補として、これから検討していきましょう。

 

このターゲットと自分自身の意図がピタリと一致すると、利益を上げるまでの時間はそれほど長くはかかりません。トレンドフォローのトレード攻略の鉄則は、「トレンドが発生していること」です。逆のいい方をすれば、トレンドがなければトレードをやらなければ良いでのです。現実にFX会社におけるスプレッドの数値をじっくりと比較検討、研究して、目先にとらわれず長期的な視点で見ていただくと、きっと予想以上の大きな金額になるものです。ですからFX業者を決める場合は、原則重要なスプレッドが小さくしているFX会社の中から見つけてください。

 

現在のような状況なら著名な業者の中から選択しておけば選択ミスではありませんが、やはり業者によってサービスなどにわずかな相違はございます。ですから無料のFX比較サイトなどを閲覧して、十分に時間をかけて業者のサービスなどについて比較するべきではないでしょうか。みなさんご存知の株式投資だって投資であるわけですから、当たり前ですが投資に伴う「リスク」というものは避けられません。投資の失敗を防ぐには、たくさんある投資が持つ危険性や弱点をきちんと正確に、勉強して理解しておくことが不可欠なのです。

 

もし証券取引所の株を取引希望なのであれば、第一段階として証券会社にあなたの株式投資用の口座を、作っていただきます。自分自身の口座が作ることができてはじめて、トレードするための株の取引などが可能になるということです。いわゆるチャートパターンとは、FX(外国為替証拠金取引)などを始めとした金融商品のチャート分析における定型的なパターンと呼ばれているものであり、これの例としては高値圏からの反転下落する際や、相場の動きが少ないいわゆる持ち合いの状況が動き始める時に、よく知られたパターンが現れるものなのです。

 

興味があるのに全然株式っていうのが元来どんな風なものか、どんな構造によって儲かるようになっているのか、わかんないという株式初心者さんたちのために、株式と投資について確実丁寧に解説するのでご安心ください。だいぶん株式投資とはどのようなものなのかについて研究できたので、「今後は証券会社に支払う手数料の安さも注視しよう」といった感じで、投資家ごとに異なる投資スタイルに適した証券会社を見つければいいと思います。突然システムトレードと言われて、いったいどういうイメージを普通は抱くのでしょうか?いろいろな取引をするにあたり、理論に基づいたトレードなどの取引を実行するための詳細な条件を前に決めておいて、適合するときだけ取引する投資の方法をシステムトレードと呼んでいます。

 

参考:バイナリーオプション攻略の決定版 binaryoption-fxsec.com

なぜFX、バイナリーオプション投資家はドルクライシス(ドル危機)に注意せよ!

ドルの実力を示す実質実効為替レートは、変動相場制移行以来の危険水準まで下落している。いつドルの暴落懸念が高っても不思議ではない状況だ。昨年のユーロクライシスに続き、今年はドルクライシス(ドル危機)が市場を席巻するかもしれない。FX、バイナリーオプション投資家は、この為替相場のテーマに注目しなくてはいけない。
ホーム RSS購読 サイトマップ